ブルーベリーにはどんな成分が含まれている?

ブルーベリーにはどんな成分が含まれている?

ブルーベリーには、どのような成分が含まれているのかをお話ししていきたいと思います。

 

ブルーベリーというのは、視力回復や眼精疲労の回復が期待できるといわれています。そのため、ブルーベリーのサプリメントも販売されていたりしています。

 

このブルーベリーというのは、アントシアニンといわれる成分が豊富に含まれています。ポリフェノールの種類の一つとなっているのですが、このアントシアニンは高い抗酸化作用があります。

 

そのため、活性酸素による酸化を防いだり、生活習慣病予防をしやすくすることができるといわれているのです。この他にも、アントシアニンを摂取することによって、整腸作用をもたらしてくれやすいといわれています。

 

また、ブルーベリーに含まれている成分はアントシアニンだけではありません。ビタミンも豊富に含まれているのですが、その中でも、ビタミンEやビタミンAの含有量が多くなっています。

 

ビタミンEというのは、動脈硬化や心臓疾患、脳卒中、がん、生活習慣病といった病気の予防をしやすい成分となっており、ビタミンAというのは、美容効果や視力の回復、眼精疲労の回復効果があります。これ以外にも、美肌効果や血行促進といった効果も表れやすい成分となっているのです。

 

そして、ブルーベリーというのは、ベータカロチンや食物繊維も含まれています。実は、ブルーベリーというのは、バナナやキウイよりも食物繊維量が多くなっており、便秘を改善しやすい食材となっているのです。

 

ブルーベリーというのは、このようにさまざまな成分が含まれており、人間が健康に過ごしやすくするための食材なのです。ですから、普段からブルーベリーを口にしたりするほうがいいのです。