ブルーベリーって何?

ブルーベリーって何?

ブルーベリーというのは、目にいいといわれる食べ物となっており、サプリメントとして使われていたりすることも多いですよね。

 

ブルーベリーというのは、ツツジ科の一種となっており、目だけではなく、健康にもいい作用をもたらしてくれるといわれています。

 

このブルーベリーは、栽培種と野生種の2つの種類に分けられています。栽培種というのは、人間の手によって作られた品種となっており、野生種というのは、アメリカや北欧で自生しています。

 

アメリカで自生しているものは、ブルーベリーとは呼ばずに、ビルベリーといわれています。サプリメントで使われていることが多いのも、このビルベリーとなっています。

 

ちなみにヨーロッパの場合は、サプリメントとして用いられているだけではなく、ハーブとして用いられていることも多いです。

 

基本的にブルーベリーというのは、口にしても副作用が出てしまうということはありません。ブルーベリーは自然成分となっていますから、副作用が現れることはないのです。

 

ちなみに野生種のビルベリーのほうが栽培種のブルーベリーよりも、健康にいいといわれるアントシアニンといわれる成分が豊富に含まれています。そのため医薬品タイプのサプリメントとして使われていたりしています。

 

栽培種はサプリメントだけではなく、食用として口にすることが多いです。ただ、野生種と比べるとアントシアニンの含まれている量がそれだけ少ないですから、あまり効果が現れにくくなっています。

 

ですから、ブルーベリーの効果をより多く得たいと思っているのであれば、野生種のビルベリーの成分を積極的に摂取するようにしたほうがいいでしょう。

 

サプリメントから、ブルーベリーの成分を摂取しようと考えているのであれば、購入前にアントシアニンがどれくらい含まれているのかを確認してから買うようにしましょう。