ブルーベリーには副作用はあるの?

ブルーベリーには副作用はあるの?

ブルーベリーはサプリメントの原料としたりジャムとして使われていたりしているのですが、摂取をすることによって副作用が出てしまうということはあるのでしょうか?

 

ブルーベリーというのは、自然に存在しているものですから、摂取をしてもほとんどといっていいほど副作用が現れることはありません。

 

長くブルーベリーを口にしている人が多い中で、深刻な副作用が出てしまったという話は一切ありません。ですから、安全性もしっかりとあるということです。

 

ただし、ブルーベリーを過剰摂取してしまうことによって、胃腸が不調になってしまったり、神経に障害が一時的に出てしまうということは確認されています。また、一時的に肌トラブルになってしまう場合もあります。どれも過剰摂取をしてしまうことが原因ですから、用量や用法を守れば特に問題はありません。

 

ブルーベリーのサプリメントを摂取する場合は、アントシアニンがどれくらい含まれているのかが重要になります。

 

一般的に配合されているくらいのアントシアニンの量なのであれば、過剰摂取をしてしまうということはまずないでしょう。

 

ブルーベリーは、アントシアニンの含有量が36%以上でなおかつ160rから480rくらいまでであれば、過剰摂取ということにはならないでしょう。

 

ブルーベリーのサプリメントを摂取して、眼精疲労を回復させていこうと思っているのであれば、もう少しサプリメントの接種をしても差し支えはないでしょう。

 

ですが、ブルーベリーというのは、血液をサラサラにする成分が含まれているため、出血症や血栓症の改善をしていこうと思っているのであれば、医師に相談をするようにしてください。特に現在、血が固まりにくくなる薬剤を処方してもらって服用しているのであればなおさらです。