ブルーベリーの1日の摂取量と上限など

ブルーベリーの1日の摂取量と上限など

ブルーベリーは、1日にどれぐらい摂取すればいいのでしょうか。ブルーベリーの持つ有効成分のアントシアニンは、抗酸化物質として有名なブドウやポリフェノールに含まれている紫色の色素のことです。

 

ブルーベリーの摂取量の目安は、このポリフェノールがどれくらい含まれているかで変わってきます。ブルーベリーの状態や種類によって、アントシアニンの含有量は上下に変動があります。

 

アントシアニンが一番効たくさんあるビルベリーで、100gあたりで350mg量が含まれています。これが栽培種のブルーベリーだと、持っているアントシアニンの量は、ビルベリーの半分以下になります。

 

アントシアニンを食品のブルーベリーから摂取すると考えると、 グラムにして60gから300gが必要となります。これは、両手からあふれるくらいの量のブルーベリーを食べなければいけません。乾燥ブルーベリーだと12gから25g、ブルーベリージャムの場合は40gから90gもの量を摂らなければならないのです。

 

だいたいこれくらいが、アントシアニンの摂取量の目安といわれています。例に挙げたように、食べてアントシアニンを取ろうと思うと、現実的には無理があるでしょう。

 

サプリメントには、1粒あたりのブルーベリーエキスの含有量の表記があるのですが、そこにあるアントシアニンは、ブルーベリーエキスの数分の1程度の量になります。

 

メーカー別に、含まれる量には違いがあります。だいたい目安とされる摂取量は、アントシアニンを25%以上含んでいるブルーベリーエキスなら120mgから250mg、アントシアニンに換算すると40mgから90mg程度となるでしょう。